トップメッセージ

代表取締役社長
野田 数

令和2年4月1日、私たち、東京水道サービス株式会社と株式会社PUCは合併し、東京水道株式会社、Tokyo Waterとして新たな一歩を踏み出しました。

当社の前身となる東京水道サービス株式会社は、東京都水道局より、水道水源林の保全管理業務、浄水場・給水所の運転管理業務、管路の設計・工事監督・維持管理業務、給水装置業務等の現場業務の運営を受託し、株式会社PUCは東京都水道局の水道料金徴収システムをはじめ人事・給与などの事務システムの開発・運用、お客さまセンター(コールセンター)やお客さま窓口業務等を受託してまいりました。

新しく誕生した東京水道株式会社、Tokyo Waterは、一社で水道のほぼ全ての事業範囲をカバーし、IT事業部門も備えた日本最大級の水道トータルサービス会社となることから、これまで二つの会社で担ってきた事業に加え、お客さまに対するサービスの一層の向上を目指してまいります。
具体的には、両社がそれぞれに担ってきた給水管工事事務所と営業所・サービスステーションの運営も今後は一社で担えることになりますので、お客さまに対して技術系・営業系の分けなく、ワンストップでのサービスをご提供してまいります。またスケールメリットを生かして、大規模災害時の対応力を一層強め、お客さまの安全・安心に貢献してまいります。更に、技術系と営業系を合わせたトータルサービス会社となり、包括的な業務受託が可能となりますことから、国内外の他の水道事業体の皆様の様々なニーズに合ったサービスをご提供し、都民のみならず、広く国民、世界の人々の水道問題の解決に貢献してまいります。

私ども東京水道株式会社、Tokyo Waterは、これまで両社が担ってきた業務を引き継ぐとともに、東京都政策連携団体として、様々な場面で東京水道グループを支え、お客さまへ24時間365日、安全でおいしい水を安定してお届けするという使命を果たしてまいります。

皆様のご理解と格別の支援を賜りますようお願い申し上げます。

PageTop