ソリューション推進事業

海外水道事業

東京都水道局と一体となって、途上国や各地域の水道システムを健全に運営していけるよう、東京の水道システムを支える技術や運営ノウハウを活用した国際貢献に寄与します。東京水道グループで培った水道事業のノウハウを生かし、国際貢献事業にも積極的に参加しています。

無収水削減対策事業

漏水や盗水などにより、料金徴収が困難な開発途上国を対象に、ODAを活用したインフラ整備等を行うことで、無収水(料金に結びつかない水量)削減に貢献しています。

ミャンマー

ミャンマー国の最大都市ヤンゴンで、平成26年度に実施した無収水対策パイロット事業の実績を踏まえ、現地で技術指導も行いながら、漏水調査、水道管取替及び修繕、水道メータの取替・設置を実施し、無収水率の削減に寄与しています。

専門家の現地派遣

開発途上国の水道事業を改善するために、主に無収水削減事業を担う人材の育成として現地へ専門家を派遣し、財務管理、資産管理等の研修実施、経営計画策定、メータ管理の改善、検針業務などの技術指導を行っています。

ミャンマー

ミャンマー国の最大都市ヤンゴンで、JICAが実施する水道事業改善の一員として、ヤンゴン市開発委員会の水道事業運営能力の向上を目的とし、現地職員の無収水削減能力の強化のための技術指導を行っています。平成31年度には現地に無収水管理研修ヤードが完成し、OJTを受けた職員が講師として他の職員への指導も始めています。

ケニア

JICA技術協力事業として、ケニア水衛生省、ケニア水道研修所、各地方水道事業体と一体となってケニア全国の事業体の無収水削減活動を支援しています。無収水削減基準の策定や、無収水削減のための技術指導など、実践的なノウハウを提供することで、現地職員の育成と無収水改善を図っています。

海外向け水道技術研修の実施

国際協力機構(JICA)や海外水道事業体などからの業務受託により、海外の研修生に漏水調査や無収水削減対策、水道施設の維持管理などの研修を実施しています。2014年1月からは、当社がマレーシア(ペナン州)に漏水探知研修フィールドを設置し、現地水道職員に講師育成研修を実施するという新たな研修事業にも取り組んでいます。

研修支援

JICAが受け入れる途上国から来日した水道分野の行政官やエンジニア向けの研修に講師派遣などを行っています。

情報発信

国内外におけるシンポジウムや研究発表会での論文発表、展示会でのブース出展を行っています。

  • 2017年 シンガポール国際水週間、全国会議(水道研究発表会)・展示会(高松)
  • 2018年 IWA世界会議(東京)・展示会、全国会議(水道研究発表会)・展示会(福岡)
  • 2019年 第11回水道技術国際シンポジウム(横浜)・展示会、IWA-ASPIRE(香港)・展示会、全国会議(水道研究発表会)・展示会(函館)
  • 2020年(予定) IWA世界会議(コペンハーゲン)、全国会議(水道研究発表会)展示会(仙台)

PageTop