2020年4月1日、日本最大級の水道トータルサービス会社、誕生。2020年4月1日、日本最大級の水道トータルサービス会社、誕生。

2020年4月1日、東京水道グループの技術系業務を担う東京水道サービス株式会社と
営業系業務を担う株式会社PUCの東京都政策連携団体2団体が統合し、
水源から蛇口までの維持管理をはじめ、お客さまサービスの提供に至るまで、
水道業務全般を担うことができる東京水道株式会社(Tokyo Water)が誕生しました。

東京水道グループの業務運営体制と
グループが担う基幹的業務

東京都の水道事業は、人口減少や施設の老朽化等に直面しており、将来にわたり持続可能な事業運営を実現するためには、経営基盤を強化する必要があります。このため東京水道株式会社は「東京水道の経営基盤強化」「政策連携団体の経営の自主性向上」「政策連携団体の経営体制の見直し」等の改革に取り組み、創意工夫と責任のもとで、効率的かつ効果的な事業運営を行うことを通じて、東京水道グループの総合力向上へ貢献してまいります。

経営理念

私たちは、東京水道グループの一員として高いコンプライアンスのもと、

豊富な経験と確かな技術力で社会に貢献し、

お客さまの満足度の向上と豊かな価値を創造する企業を目指します。

経営方針

  1. 東京水道グループの一員として、公益的使命を自覚し、コンプライアンスを遵守する企業であり続けます。
  2. 首都東京の水道システムを最前線で支え、安全でおいしい高品質な水道水を安定的に供給し、総合的な事業運営ノウハウで、お客さまに質の高いサービスを提供します。
  3. 東京水道で培った豊富な経験で、国内外事業体の経営基盤強化を支援し、持続可能な水道事業運営に貢献します。
  4. 水道技術の継承に取り組むとともに、活力ある企業文化を創り出します。

PageTop