ニュース

2020年11月26日お知らせ

「東京水道の日」記念イベントのご案内

東京近代水道の歴史をデザインした限定記念スタンプを作成しました

 当社は、昨年度制定された「東京水道の日(12月1日)」を記念し、3種類の記念スタンプを作成いたしました。スタンプは、以下の日程で開催する東京都水道局のPR施設でのイベントで、3日間限定で設置し、記念リーフレットに押すことができます。

配布のリーフレットと記念スタンプ

 3種類の記念スタンプは、明治31年(1898)12月1日の淀橋浄水場通水にちなんでデザインしました。淀橋浄水場をつくった近代水道の父「中島鋭治博士」、蛇口の語源となった「蛇体鉄柱式共用栓」、東京最初の近代浄水場となった「淀橋浄水場機関室」をモチーフとしたデザインとなっています。

<スタンプデザイン>

【「東京水道の日」記念イベントについて】
以下の日程で、3種類の記念スタンプを押すことができる特製リーフレットとオリジナルノベルティ(エコバック)を配布いたします。いずれも入場無料ですので、ぜひお越しください。

■日時:令和2年11月28日(土)10時~15時 ※配布物が無くなり次第終了
 場所:東京都水道歴史館
 住所:文京区本郷二丁目7番1号
 アクセス:御茶ノ水駅・水道橋駅・本郷三丁目駅 各駅から徒歩8分

■日時:令和2年11月29日(日)10時~15時 ※配布物が無くなり次第終了
 場所:東京都水の科学館
 住所:江東区有明三丁目1番8号
 アクセス:国際展示場駅・東京ビッグサイト駅 各駅から徒歩8分

■日時:令和2年12月1日(火)10時~15時 ※配布物が無くなり次第終了
 場所:奥多摩水と緑のふれあい館
 住所:西多摩郡奥多摩町原5番地
 アクセス:JR青梅線奥多摩駅からバスで約20分

 当社は東京水道グループの一員として、記念イベントの実施を通じて東京水道の魅力を発信していきます。また、現場で培った技術やノウハウを持って、東京の近代水道120年以上に渡る歴史を守りながら、将来にわたり安全でおいしい水を安定的に供給し続けられるよう取り組んでまいります。

【東京水道の日とは】
 「東京水道の日」は、東京の近代水道の始まりとして、淀橋浄水場から、神田・日本橋地区に通水を開始した明治31年(1898)年12月1日を由来とした記念日です。昨年(2019)、東京都水道局が一般社団法人日本記念日協会へ申請し、記念日として正式に登録認定されました。本記念日は当社の野田数代表取締役社長が、東京水道の魅力を発信したいとの思いから発案し、東京都水道局に提案したことで制定に至ったものです。

PageTop